読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決算にむけ

今年も節税対策に頭を抱える時期がきた。

 

例年このタイミングで爆買いを遂行し、電気、ネットなど固定費の見直しを図る。

 

とりわけ決算賞与には特に気を遣う。

パートも含め全職員28名(2月19日現在)分の査定をし、公平に報酬として還元するこの作業は一切の妥協を許さない。

 

今年は変革の年として、様々な案件を処理しているところだが、

その一つに福利厚生の充実があり、ここまでやるかと思われる位にプランを練った。

①処遇改善の拡充

②全職員へ慰安旅行プレゼント

③全職員へ誕生日プレゼント

④定期的な飲みニケーション

⑤賞与の機会を増やす

⑥シフトの融通、有給消化率アップの取り組み

⑦資格取得の全面バックアップ

 

さっそく一月から取り組んでいるが、効果がでるかどうかは未知数。

これらも含め、決算に対し妥協のない対策をし、4月からさらに変革へ向けた案件に集中していきたいと思う。